トップページ > 眠気 > 生理前にひどい眠気を感じるのはなぜ?

生理前にひどい眠気を感じるのはなぜ?

生理前の異常な眠気は黄体ホルモンの影響

生理前になると、異常な眠気を感じることはありませんか。昼間になると、昼食の後なのでいつも眠いけど、生理前だとさらに眠気を感じるようなことはありませんか。 生理前のひどい眠気の主な原因は、「月経前症候群(PMS)」によるものです。

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあり、一定の周期で分泌されています。通常は、分泌量が調節されていて、女性ホルモンバランスも整っていますが、排卵前後から生理開始日までの間は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が急激に増えます。 人は通常、高い体温が低くなる時に深い眠りにつくようになっています。

月経前になると、基礎体温を高くする働きを持つ黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が急激に増えることから、体温が高いままとなり、下がりにくくなってしまいます。そのため、深い眠りにつくことが難しく、眠りが浅くなり質の良い睡眠がとりにくい状態になってしまいます。 夜にしっかり十分な睡眠がとらないまま昼間を迎えてしまうので、夜寝ているのになぜか昼間に眠くなるという症状が起きやすくなるのです。

生理前の異常な眠気は黄体ホルモンの影響 生理前になると、異常な眠気を感じることはありませんか。昼間になると、昼食の後なのでいつも眠いけど、生理前だとさらに眠気