トップページ > 不眠 > 生理前に不眠になる理由

生理前に不眠になる理由

生理前の不眠は黄体ホルモンが原因

生理前の睡眠関連症状として、日中に強烈な眠気に襲われるのが一般的ですが、その逆で、眠りたいのに眠れない、つらい不眠症状に悩む方もいるようです。 月経前に悩まされる不眠症状の主な原因は、眠気と同様、「月経前症候群(PMS)」によるものです。

女性ホルモンには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあり、一定の周期で分泌されています。通常は、分泌量が調節されていて、女性ホルモンバランスも整っていますが、排卵前後から生理開始日までの間は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が急激に増えます。 人は通常、高い体温が低くなる時に深い眠りにつくようになっています。

月経前になると、基礎体温を高くする働きを持つ黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が急激に増えることから、体温が高いままとなり、下がりにくくなってしまいます。そのため、深い眠りにつくことが難しく、黄体ホルモン(プロゲステロン)が過剰に分泌されている状態が続くことで、眠くない状態=不眠症状が続いてしまうことになります。

生理前の不眠は黄体ホルモンが原因 生理前の睡眠関連症状として、日中に強烈な眠気に襲われるのが一般的ですが、その逆で、眠りたいのに眠れない、つらい不眠症状に悩む