トップページ > 便秘 > 生理前には便秘になることが増える

生理前には便秘になることが増える

生理前の便秘は黄体ホルモンが原因

女性特有の生理ですが生理が来る前になると体に色々な症状が起こるケースが多いです。生理前になると必ず便秘になる、そんな方も多いのではないでしょうか。ではなぜ生理前に便秘になるものなんでしょうか。生理前の便秘として具体的に起こる症状として、下腹部の痛み、お腹が張る、下腹がぽっこリ出てしまう、排便するのに時間がかかる、といった症状があります。女性の方で元々便秘の症状を持っているという方って多いのですが、元々便秘持ちの方はよけいに症状が悪化してしまうケースが多いです。

生理前に便秘になってしまう原因としてあげられるものとして黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンの分泌が増えることが当てはまるんです。黄体ホルモン(プロゲステロン)がもっている体に水分をためて便をかたくしたり、大腸のぜん動運動を弱める作用をもっています。ぜん動運動は腸が便を運ぶ働きのことなんですがそれらの作用のせいで便秘が起こってしまっているんです。ですが便秘になることを自分の行いで改善することができます。例えば水分をこまめにとったり食事内容の改善などですね。

生理前の便秘は黄体ホルモンが原因 女性特有の生理ですが生理が来る前になると体に色々な症状が起こるケースが多いです。生理前になると必ず便秘になる、そんな方も多い